七の物語 恋慕の人魚姫

いやぁ~大変遅くなった!三日遅れのうさぎによる「七の物語」のSSまとめ記事!

これだけ日数が経てば既に秘宝の力で人魚になられた方も多いと思うけど、ここはいつも通りの追記式だよ!
主にネタバレというより、画像多すぎって意味でな!


[ 続きを読む ]

六の物語 傾国の妖女

アップデートと共に六の物語がスタート!今回は中国神話がルーツですって、奥さん!

確か、えこにゅーで美絵ちゃんが「今回の物語は絶対やるべきです!」って連呼していたね!
そのプッシュがあまりに印象強かったので、ぼくも優先でやってみたよ!

ま、記事は1日遅れたけどな(・ x ・)


以下、ネタバレだよー
[ 続きを読む ]

五の物語 海賊の宝物

お待ちかねのイリスと記憶の書架「五の物語」の、はじまりはじまり~
といっても、ストーリーにそれほど触れずに登場キャラの印象的な台詞と外見を淡々と語ってるだけよー

それでもまぁ、一応ネタバレということで内容は追記の中にて。


[ 続きを読む ]



紙芝居屋

受付嬢の開幕一番にあった「春眠暁を覚えず」のことわざ通り、
ぼくもまた転寝というか怠惰を繰り返し、
レポートを纏めるのに四日も費やしてしまった…!

数日経過したとはいえ、一応この先は盛大なネタバレを含む為、
初見さんはクリアするまで回れ右推奨だよー

あ、それと現地で撮影される際はクロークがオススメです!








↓     ↓     ↓










↓     ↓     ↓










↓     ↓     ↓











…で、まずは公式のバナーにあるサブタイトルなんだけど、
これはアラビア文字か…?
わざわざ物語の現地語を使うとか凝りすぎィ!
よくわからんのでGoogle翻訳に突っ込んでそのままコピペった!

それと少々語尾に癖のある依頼人のトトに
腕に猫マークがあしらった来月のくじらしき衣装を羽織らせて
「まぁ、僕も実際にネコを見たことがあるわけじゃないけどネ。」
等と言ってるのだから、なかなか見ていて滑稽だった。

尚、今回は画像:8、文章:2の割合で纏めます。




アンブレラ・アルマ

アンブレラ・アルマ1

Sッ気溢れる自信家の傘ちゃん。

彼女を象徴するデザイン重視の日傘は勿論、
団子頭とドレスハットにフリフリたっぷりなチュニックブラウス(?)
このキャラデザイナーさんはきっと女性の方でしょうね。


アンブレラ・アルマ2
アンブレラ・アルマ3
アンブレラ・アルマ4

この堂々たる表情に加えて、
片時も乱れがないか手鏡でチェックを怠らないオシャレさん♪




紙芝居屋

紙芝居屋1

意外と登場の早かった紙芝居屋さん。

大つばなシルクハットを被ってるそのいでたちは
紙芝居屋というより手品師っぽい。


紙芝居屋2
紙芝居屋3

上着から見える純白のレオタードが眩しい!


紙芝居屋4

どうやらこの紙芝居屋が意図的にロアを生み出していた模様。

果たして、守護魔・ウルのようなお邪魔キャラになるか、
はたまたぷるぷるみたいなお助けキャラになるのか、
この先の展開が気になるところ。




バステト・ロア

バステト・ロア1

「……あがめても、いいよ?」

エジプト神話に登場する猫の女神で
某パズルゲーと違い、コチラは修道服で露出控えめな少女。


バステト・ロア2

「この猫のモニュメントは、とても良くできてる……」

「にくきゅうの丸みも、しっかり再現……」


バステト・ロア3
バステト・ロア4
バステト・ロア5
バステト・ロア6

感情に乏しく、とても物静か。

でも、猫神だけあって猫にかける思いや情熱は大変強く、
一人でも多くの人に布教したいと願っている。


バステト・ロア7

口元が見えない?
……これ、腹話術だから(震え声)


バステト・ロア8

「猫……可愛いよ?」


バステト・ロア9

3本目のモニュメントのとき
“心の奥底の声に耳を傾ける”を選択すると
なんとアルカードと清姫が出現。

「……暑苦しいっての。」

テトちゃん、アルカちゃんより小柄だった!


バステト・ロア10
バステト・ロア11
バステト・ロア12
バステト・ロア13

「この子、猫っていうの。
 三角耳で、可愛いしっぽで、にくきゅうもやわらかいの。」

「自由気ままで、ちょっとだけ寂しがりやな動物。
 これ、あげるから……猫、好きになってくれる?」


正直、ぼくは今の今まで猫耳というか猫キャラに興味なかった。
リアルでも猫に関しては碌な思い出もなく、どちらかというと犬派。
(ちなみに昔は犬が苦手だったが新聞配達で克服)

ちょいと脱線したが、要するにこの猫キャラに好いてしまった!


この子のくじは投資する予定ですが、
もし当たらなかったら頑張って買い取ってみようと思います!(・ `x ・)ゝ




紙芝居屋

胡散臭い旅の紙芝居屋がお届けする、第三の物語。

可能な限り長文は避けたいので、ストーリーの話はかなり端折り気味。
但し、一部にネタバレ画像もあるので、この先クリア推奨だよー








     ↓     ↓     ↓








     ↓     ↓     ↓








     ↓     ↓     ↓










ル・フェイ・ロア

ル・フェイ・ロア1

アーサー王物語に登場する魔女「モーガン・ル・フェイ」を具現化した姿。


紙芝居の語りでは――

人里離れた森の奥深くには悪い魔女が住んでおり、
そこにはどんな病をも治す「常若のりんご」の伝承があった。

ある時、常若のりんごを求め、
危険を顧みず森に踏み込む勇敢な3人の兄弟に
魔女は毒りんごで始末しようとするが、
唯一りんごを齧らなかった末っ子によって
自らが用意した煮え滾るかまどの中へ突き落とされ、死亡。

眠りの魔法が解けて目覚めた兄弟と一緒に
常若のりんごを腕一杯に持ち帰り、
末永く幸せに暮らしました。といったお話。


ル・フェイ・ロア2

ECOでは可愛いお姉さんキャラとして描かれているモーガン・ル・フェイ。

自身をお姉さんと呼び、とても面倒見の良さそうなイメージ。
SS右の様な悪戯な笑みを浮かべたような表情と
ミニスカとサイハイブーツの間から覗く眩しい太腿が魅力的!


ル・フェイ・ロア3

「二人とも真面目なのね、感心しちゃうわ♪
 ご褒美にりんごをあげる。甘くて美味しいわよ?」

\ノ'∀ン_わぁい!いただきまんもす!


シュウ「待て!それを食べてはいかん!毒が入っている!」


ル・フェイ・ロア4

※記事のルートはりんごを「食べない」→「フェイのりんごを壊す」です。

「あなたたちは魔女を倒す英雄で、そして、私は悪い魔女。
 一緒に歩むことはできないよう、物語は定められているの。

 さぁ……選びなさい。魔女を打ち滅ぼす騎士になるか、
 魔女の毒牙にかかり眠りにつくか、あなたの望む「物語」を!」


この魔女はアルカードや清姫とは異なり、
既に自身が物語によって形成された存在であることを受け入れていた。
陽気なりんご売りに見えて、かなり物分りがいい。


――ル・フェイの差し出したりんごは破壊され、
  まるでかまどにくべた薪のように燃え上がった。――


自分達にとって正しい選択をし、ル・フェイは消滅したかに見えたが…
なんと気配を消し、我々の後を尾行していた。

そして、あのやり取りは結果として輪廻に縛られた魔女の役を終わらせる為に
ネクロアーマー達を利用しただけに過ぎなかったのだ。

これには受付嬢のデスも
今回は相手の方が一枚上手だったようだな、と感心。




ネクロアーマー・アルマ

ネクロアーマー・アルマ1

今度のアルマはネクロアーマーとは…意外すぎるチョイス。

眩しい程に真っ直ぐな騎士道精神を見せるが、
この色じゃどう考えても闇の騎士や悪の秘密結社の幹部にしか!

それなら、せめてノーブルアーマーにすればよかったのに!


ネクロアーマー・アルマ2
ネクロアーマー・アルマ3

とても個性が強くていい表情(特に右上の表情が好き)を見せるけど、
ほのぼのとしたファーイーストでこのキャラだと、どうにも場違い感が否めない!

それとこの様な容姿で一人称が「僕」なのも軽く違和感。

でも、鎧に収まりきれてない豊満な谷間についつい目がいっちゃう!

あと、ル・フェイがくれたりんごの本質を見抜く場面もあったり、
外見通りの脳筋ではないところにも好印象。


ネクロアーマー・アルマ4

もっとも笑ったシーンがコレ!

畑の上でモモンガ相手に剣を抜く構図がめっちゃシュール!


モモンガ「来いよネクロ。
     剣なんか捨ててかかって来い。」