さらたんの庭にて。

其処には実にご無沙汰な二人組が居た。

超キティラー

玖堵「わうわう!超キティラーの紹介状を使ってみたですよ!
  ちなみにビフォーは、ぼくのカテゴリから見てね!(ゝω・)v」

ザンテさん「すっかり別人になったなー犬っころ。
  声聞くまでずっと誰だコイツと思ったぞ」

玖堵「ねぇねぇ、ザンテさん!この髪型似合ってるかなぁ?」

ザンテさん「似合ってるし可愛いと思うが、肝心の耳はどうした?
  それとその服はいただけないな」

玖堵「み、耳は洗濯中!
  それにエリーのワンピ高いんだもん!」

ザンテさん(洗濯とか下手な嘘を・・・あぁそうか、似合わなくなったのか)

右目が疼く・・・

玖堵「あ、ザンテさんのその眼帯!ねんがんの75になったんだね!」

ザンテさん「くっ・・・右目が疼く」

玖堵「えっ?!だ、大丈夫?
  ぼく、近所にいい眼科知ってるよ!」

ザンテさん「相っ変わらずこういったネタに疎いのな、オマエ」
玖堵「あ、あれ?・・・アハハごめーん><」

そしてこの顔である

ザンテさん「しかし、犬にそんな高い紹介状を使わせたってことは、
  そろそろやる気出せってお告げなんだろーな」

玖堵「うん!ぼく、爆弾箱職人目指すよ!
  それと探帝セットとシワコアトル入手もね!」

ザンテさん「うむ、いい顔つきになったな。
  その調子で頑張れよ」

玖堵「ザンテさんも早く99職服着れるといいねっ!」

ザンテさん「いや、それはない」

玖堵「えーぼくと一緒に頑張ろうよ~」

ザンテさん「いいか?玖堵。
  あのような服は最初から存在しなかった事にするんだ、な?」
玖堵「えっでも、こないだ影帝セットが500kで売ってあったよ?」

ザンテさん「犬ェ・・・あまりザンテさんを怒らせないほうがいい。
  今日のザンテさんは見ての通り、クール&スパイシーだからな」

ガチャ、バターン!(ドアの音

玖堵「えっえっ???
  あ、待ってよーザンテさん><」



コメント

  1. ある | -

    ザンテさん何処でくつろいでるんですかっ(笑

    ( 08:18 )

  2. ぷぃ | CBulw86I

    あーい

    >あるふぉにゅ

    ザンテさんはどんなオブジェでもスタイリッシュに使いこなせるのだそうな(クド談

    ( 03:55 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)