3倍終わってテンション落ちたった(・ε・)

すごいね!全然やる気出てこない!

玖堵99装備

玖堵「わふ!ぼくも3倍期間に肖って、
  遂に起爆箱と99装備一式ゲットしたよ!やったね!(ゝω・)v」

ザンテさん「玖堵・・・オマエはいいよな」

玖堵「どしたのザンテさん?
  いつもに増してやさぐれちゃって」

ザンテさん「いーや、別にンなことないさ。
  犬99おめー」

玖堵「もう少しで101だけどね~ありがとー」

ザンテさん「・・・。」

囲炉裏を挟んで

玖堵「あ、ザンテさんアマゴが焼けたよー
  ささっ食べて食べてー」

ザンテさん「ほぅ、これは美味しそうだな。
  ・・・にしても、いつから和風になったんだ?この部屋は。
  外観も古手の祭具殿だったし。」

玖堵「今日から本格的にだよー
  ついでに畳もお姉ちゃんに作ってもらっちゃった!」

ザンテさん「ん?お姉ちゃん?
  玖堵には姉が居るのか!」

玖堵「うんうん!
  お姉ちゃんって農家さんなんだよー」

ザンテさん「!!・・・農家・・・農家は怖い」

玖堵「え?何かあったの?」

衝撃の事実

ザンテさん「あぁ、こないだ活きのいい牛を捕まえた時にだな・・・(回想シーン)
  一体何だったんだ・・・あのトリックは!
  思い返すだけで寒気が止まらないぜ」

玖堵「ねーねーその人、金髪で三つ編みおさげだった?」

ザンテさん「確かそんな髪型してたな。
  あと何故か食パン咥えてて少々変な奴だった」

玖堵「わぉ!ザンテさん、お姉ちゃんと会ったんだね!」

ザンテさん「なぁにぃ?!
  あのジト目がオマエの姉?!
  しかし、あのとき玖堵の名前を出したが、
  アイツ無反応だったぞ?」

玖堵「多分、尺の都合だと思うよー
  あと単に反応するのが面倒臭かっただけかも。
  でも、お姉ちゃんって結構ぼくに過保護なんだよね;」

ザンテさん「なんだそりゃ・・・ん、まてよ?
  ってーことは、姉も犬なのか?」

玖堵「んーん、お姉ちゃんは犬じゃないよー」

ザンテさん「じゃ、何でオマエだけ犬なんだ!」

玖堵「し、知らないよーそういう設定なんだし><
  あまりそこ追求するとお姉ちゃん飛んできて
  ブロウでザンテさん一確されちゃうよ!」


ザンテさん「お姉ちゃんこえー」




日曜晩のラストスパート!
あるふぉにゅに誘われて野良DDサウスってみたー

しかし、あるふぉにゅイチ押しのブリキングカスタムの勇姿どころか、
まだ4人だった時のSSしか撮れてなかった!

もうしわけ!><

ふぉにゅ野良ぱーちー

でも、指環のおねーたま方とあるふぉにゅ&マリーさん達のお陰で
わんこに99服を羽織らせてあげることが出来ましたー

ミンナ!アリガトー!∩(・ω・)∩


そして、3倍育成おつかれたまっしたー!




コメント

  1. ある | -

    サウス狩りご苦労様ー
    3倍期間は久々に楽しめた感じだったよ。

    んで今度はザンテさんのレベル上げの番だよね?
    さぁザンテさんっ
    カスタム魅了するからちょっと羽交い絞めお願いしますねー

    ( 21:22 )

  2. 御剣涼子 | -

    3倍お疲れ様でしたー^^。
    私も3倍過ぎれば少しダルダルでしたよー><。
    けど何とか猫のためにがんばりまっする。あと今回の掛け合いもGJ!です。それでは^^

    ( 00:40 )

  3. ぷぃ | CBulw86I

    あーい!

    >あるふぉにゅ

    お互いに!ごくろーさまであります!(・ `x ・)ゝ

    >カスタム魅了するからちょっと羽交い絞めお願いしますねー
    ザンテさん「農家こえー」


    >マリーさん

    おつかれたまんー
    れんじゃい×3楽しかったですね!
    なんとなく役割分担出来ててよかったよかたー

    騎乗ケットシー目指して頑張って!
    ぼくはお先に猫育成しとくま!ヽ^ン' x ')ン

    ( 01:02 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)