一年通しで繰り広げられた「ヒトトセ」の物語も遂に完結!

実装から3週間も経ったことなので、
ぼくなりに纏めてみました。



実装初日は逸る気持ちを抑えつつ
残業を終わらせて遅めのINをしたぼくの視界に入ったのは、

( ´,_ゝ`)プッ

マーシャのこの顔である。

昔から使用されているアバターなので
今となってはおかしく感じることも多々あるだろう。

だが、「( ´,_ゝ`)プッ」はないだろ、さすがに!

ロウゲツ

十の章より、12月の守護魔であるイケメン執事のロウゲツさん!
優雅に紅茶を口にする仕草はとても様になってますね!

とりあえず、でk…シモツキは「オッサン」呼ばわりを撤回すべき!



守護魔達のストーリーにおける黒幕的ポジション「ウル」。

そのたまごの中に眠る名も姿もなかった彼女(?)は
一切の意思も聞かれることもなく
ウルから相手と似た容姿と「ルゥ」という名を与えられる。

しかし何も知らず、またそれらを欲してなかったルゥは
完全に怯え、たまごの中に閉じ篭ってしまう。

さらに破壊魔・ウルとして再び現れ、たまごを壊しに掛かるが
守護魔達の活躍により完全に力を失い暴走、のち消滅。

今回登場したロウゲツから指示の元、
このヒトトセと繋がりある人達からウルに関する思い出を集め、
ウルは無事に復活。

マーシャ達やロウゲツの話を聞いたウルは
ルゥの持つ本当の気持ちを知ろうとしなかった自身の身勝手さに気づき、
謝罪したい想いを胸に、ルゥを包むたまごの中へ。

ひらかれるこころ

怯え続けるルゥに、守護魔達が、エミル達が、トロン博士とクォーク博士が、
そしてウルが呼びかける。

皆の呼びかけは彼女の心に届き、外へ踏み込む勇気を得た瞬間。
たまごは割れ、その中から現れたのは
新しきヒトトセの守護魔「ウルゥ」の神々しい姿。

最後に残したロウゲツの言葉が気掛かりだったものの、
ヒトトセのイベントも無事に大団円で終了。


この物語を通して国産MMOの本気を見ました!

あと、この終の章はなんといっても
ウルがルゥに語りかける場面から流れ出すBGMに尽きますね!
もう、聴く度にうさぎの涙腺は崩壊しまくり!

ドミ界で流れる「Song for Battle Field」でもそうだけど、
CHiCOさんの歌声にはホント感動します!



全てのヒトトセを終えると
PET装備「守護魔・ウル」と「守護魔・ルゥ」が貰えます。

さらに両方インベントリにある状態で
CHANGEから一方をドラッグ&ドロップすることによって
「守護魔・ウルゥ」になります。

またウル、ルゥ、ウルゥは
従来の守護魔達より数多くのモーションを持ってます。

今回はそんな12種をキャプってみました。

※基本、画像の転載はOKにしますが、
 その際は必ず「転載元:ぺけうさ」を書き加えてください。



守護魔・ウル(ルゥ)
守護魔・ウル

ルゥの扱い、申し訳!

ウルとは色違いだけでなく目の形も異なりますが、
モーションは全て同じです。


守護魔・ウルゥ
守護魔・ウルゥ

コミュ障と引きこもりが合わさり最強に見える

ウルゥで閏年か、成る程!


だが、生まれたての守護魔は
全てのペットを過去にする強さを持っていた!

これはユニオンできなくて当然ですね!




コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)