残暑お見舞い申し上げます

残暑お見舞い申し上げます

立秋過ぎて尚も酷暑続きで熱中症が懸念される日々。
夏風邪と合わせて御身大切に過ごされますよう。
2013年8月 ぺけうさ


タイニーアイランド花火大会!

アルカ「残暑見舞いには些か早すぎませんこと?」

うさぎ「今後のスケジュールを考慮して早めに出したのさ。
    それよりどうだ、タイニーアイランドの花火もなかなかだろう?」

アルカ「えぇ…飛空庭のとは打って変わって、此方は派手ですわね」


神社の縁日

うさぎ「ふおおおー!屋台から食欲を刺激する香ばしい匂いが!」

うさぎ「む、ここにはたこ焼きとお好み焼きしかないのか!とりあえずアルカも何か食べるか?」

アルカ「もぅ!わたくし吸血鬼ですのよ?…そういった人間の食物は口にしませんの」

うさぎ「そんなかったるい設定なんか忘れて一緒に食おうぜ?」

アルカ「結構ですわ。その分、後でたっぷり血を分けていただきますから」

うさぎ「ちょ!Σ(゚ x ゚∩ ま、まってくれ!ここは紅茶で手を打たないか?な?」

アルカ「仕方ないですわね…なら、アールグレイでお願い」


スイカ割り

うさぎ「このスイカ割りも夏の風物詩の一つ。一度やってみたかったのだ!」

アルカ「色々ツッコミどころが満載なのはワザとなのかしら?まず、スイカ割りに釘バットは如何なものかと」

うさぎ「手持ちで適切な鈍器がこれしかなくてな」

アルカ「嘘おっしゃい!その目隠しもなんですの?」

うさぎ「研ぎ澄まされた心眼で位置を割り当てるから(震え声)」

アルカ「あと、こんな夜空の下でシートも敷かずにやるものではないでしょう?」

うさぎ「あーもー!いちいち煩いヤツだなー!少しはゲーム内での再現の限界を考えろよ!それにお前は日中の活動は苦手だろう?」

アルカ「そうでしたわ…」

うさぎ「ほれ、あそこのタイニーもスイカ割り企画を催しておる。この世界では何の問題もない。では、そろそろ始めるぞ!」


―1分後―


うさぎ「ふははは!90M搭載のLv5タイムイズマネーで粉砕してくれるわ!」

アルカ「なにが「研ぎ澄まされた心眼」ですの!?全然あさっての方向ですわよ!
    左に向いてそのまま真っ直ぐ!…って、それ持ってわたくしに近づかないでくださる!?」


にしこくん

うさぎ「正直、スマンかった(ビンタと回し蹴りを食らった)」

アルカ「…な、なんなんですの……この奇怪な生き物は」

うさぎ「あぁ、西国分寺のゆるキャラ「にしこくん」だ」

アルカ「一体どんな肉体構造なのかしら…わたくし、気になりますの」

うさぎ「どこの古典部女子の台詞だよ」

アルカ「もし、わたくしの蹴りで倒れたら…この子は一生起き上がれなくて?」

うさぎ「それだけはやめて差し上げろ」


にしこくん花火

うさぎ「1等星1個でにしこ花火が10本貰えたぞ!早速打ち上げてみよう!」

うさぎ「導火線…点火!」


ピヒューン…パパーン!


アルカ「無茶しやがって…ですわ」

うさぎ「おい、殺すな」




コメント

  1. なるか | -

    無茶しやがって…。・゜゜(ノД`)

    ( 18:37 )

  2. ぷぃ | CBulw86I

    ぶわっ

    >>なるかさん
    ぶわわっ 。・゚・(ノД`)・゚・。

    ( 23:04 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)